iPhoneの正規修理店と一般修理店の違いは何?

iPhoneの販売メーカーに公認されているか否か

iPhoneを修理する場合、どこに依頼するのかという選択肢は二つあります。まず、正規の修理店に持ち込むというもの。次に正規ではない一般修理店に持ち込むというものです。では、正規修理店と一般修理店の違いはなんでしょうか。まず、根本的な違いとして挙げられるのはiPhoneを販売しているメーカーに認められているか否かという点です。正規修理店はメーカー公認の店なので、修理に持ち込んだときに製品についているメーカー保証を使うことができます。しかし、非正規修理店とも呼ばれる一般修理店はメーカーに認められていないので、仮に買ったばかりでメーカー保証が有効なiPhoneを持ち込んだとしても、その保証は適用されずに修理費用を請求されることになるのです。

あえて一般修理店を選ぶ場合のメリットとデメリット

修理に使用する部品も違いがあります。正規修理店の場合、使うパーツはすべて純正のものです。しかし、一般修理店は純正品ではないパーツを組み込むことも多いです。もちろん、純正品とほぼ同じ性能を持つパーツではあるのですが、組み込んだ時点で正規のiPhoneとは呼べなくなってしまうので、メーカー保証が残っていても無効になってしまうのは一般修理店を利用する上でデメリットといえるでしょう。
一方、一般修理店は正規修理店と違い、基本的に本体内蔵のメモリに保存されているデータを初期化しないで修理するという特徴があります。そのため、データのバックアップがない状態で壊れてしまった場合は、あえて一般修理店に出した方がいいといえるのです。