保証付きのアフターサービスのあるiPhoneの一般修理店を選ぼう

修理直後に壊れるのはなぜ?

iPhoneを修理してもらったけれども、すぐに壊れてしまうトラブルがあります。修理したのにすぐに壊れるのは本来あってはいけないことですが、しかし実際に発生しているトラブルなため注意が必要なポイントです。なぜ壊れてしまうのかはいくつかの理由があるのですが、最も多いのが、修理ミスです。iPhoneは精密機器で、小さい部品が多く静電気に弱いです。修理店では慎重に修理を行っていますが、技術面の問題で修理が不十分になってしまったりミスによる故障が発生することがあります。最終チェックで発覚することが多いのですが、チェックが不十分だったり運悪くその時は動いてしまうこともあるため、修理後すぐに壊れたり、すでに壊れていたりなどのトラブルが発生します。このトラブルを発生させないためにも慎重にお店選びをする必要があります。

保証があるお店を選ぼう

技術が優れていて評判が高い修理店ならすぐに故障しないのかというとそうではありません。交換した部品が初期不良ですぐに壊れてしまったりしますし、人が行っていることなのでミスする可能性をゼロにすることはできません。100%回避をすることができないため大事となるのが、保証です。修理店後すぐの故障に対応する保証を用意しているところがあり、万が一すぐに壊れてしまったとしても無償修理をしてもらえます。この保証はいくつかの条件をクリアしないと受けられませんが、修理前と同じ症状や同じ部品の交換が必要な時は無償修理してもらえます。できるだけトラブル回避と損をなくすためにも、まずは保証設定があるお店を見つけて修理依頼しましょう。